ネットストアはコチラ!
無料施工+無料防犯診断 実施中!
全国送料無料!
東急ハンズ

カテゴリー別アーカイブ: 日記

2023年 年始のご挨拶

年始のご挨拶

旧年中は格別の御厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。

2023年もたくさんの防犯防災グッズ新商品を紹介していきますので

今年もココハロをよろしくお願い致します!

ココハロ店長

 

 

11月5日は「津波防災の日」 津波から身を守るために

11月5日は「津波防災の日」 津波から身を守るために

11月5日は「津波防災の日」です。東日本大震災発生後の2011年6月に制定された「津波対策の推進に関する法律」で定められ、さらに2015年には国連総会でも同日を「世界津波の日」と定めました。

津波防災の日の由来は江戸末期の南海地震
11月5日が津波防災の日とされたのは、江戸末期の1854年に起きた「安政南海地震」に由来します。

南海トラフ巨大地震の一つであるこの地震は、近畿や四国地方を中心に激しい揺れとなり、また、太平洋側沿岸部には大津波が押し寄せました。

この時の逸話として「稲村の火」という物語があります。村の高台に住む庄屋の五兵衛は、地震の揺れを感じたあと、海水が沖合へ退いていくのを見て津波の襲来に気づきます。村人たちに危険を知らせるため、五兵衛は刈り取ったばかりの稲の束(稲むら)に火をつけました。それを火事と見て消火のため高台に集まった村人たちの眼下で津波は猛威をふるい、村人たちは津波から守られたという話です。

この話は、和歌山県広川町の実業家、濱口梧陵(はまぐち・ごりょう)をモデルにしています。濱口が火をつけたのは高台に建つ神社近くの稲むらで、暗闇のなかで村人たちはその火を頼りに九死に一生を得たのです。

その日が11月5日(旧暦)だったのです。

波から命を守る方法は「とにかく逃げる」こと
海の深さと津波の速さ

津波防災の日が制定されるきっかけとなった2011年の東日本大震災では、震災関連死を除く亡くなった方のうち約90%が津波が原因と推定されています。

津波は、迫ってくる速度がとにかく速いという危険な特徴があります。図のとおり、海が深い沖合を進む段階では時速数百kmに達し、沿岸に近づき速度が遅くなった場合でも時速数十kmはあります。

海岸で津波を目撃してから逃げるのでは間に合わない可能性が高く、海岸で揺れを感じた場合は、まず逃げるのが最も重要です。

津波警報・注意報と取るべき対応
大津波警報・津波警報・津波注意報

気象庁では地震による津波が予想される場合に、大津波警報や津波警報、津波注意報を発表します。

現在運用されている津波警報などは、予想される高さによって段階があり、対応方法の目安もあります。津波注意報の場合は海岸から離れること、大津波警報・津波警報は沿岸の家屋の浸水や流失するレベルとなるため、一刻も早く高台などに逃げる必要があります。また、川をかなりの上流(大津波の場合は10km以上になることも)まで遡上することがあり、大地震の場合は川沿いからも離れる必要があります。

南海トラフ地震対策として、最近は津波避難タワーが建設されているところもあり、間に合わない場合はそこへの避難も有効です。

津波防災の日を機にもう一度、ご自身の津波対策を見直してみてはいかがでしょうか。

ヤフーニュース引用

防災VR(おおいた/地震編)の紹介 (^^♪

2011/3/11より11年が経過しました。 避難経路の確認や備蓄品の期限切れなど再度の確認を(*‘∀‘)!

大分県では、皆さんの防災意識の醸成を目的として、災害を疑似体験できる「おおいた防災VR(〇地震編 〇津波編 〇土砂災害編 〇洪水・浸水害編 〇台風編)」を制作しました。 学校や地域の防災学習でのご活用をはじめ、現在のようなコロナ禍においても個人や家族でできる防災対策として、ぜひご視聴ください。

VR動画はこちら  →  地震編

 

YouTube Preview Image

年始のご挨拶

年始のご挨拶

旧年中は格別の御厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。

2022年もたくさんの防犯防災グッズ新商品を紹介していきますので

今年もココハロをよろしくお願い致します!

ココハロ店長

 

 

年末年始のお知らせ

年末年始のお知らせ

 

平素は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。

 

防犯防災ココハロショップの年末年始休業期間につきまして下記の通りご案内いたします。

お客様にはご不便をおかけ致しますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

 

休業期間 2021年12月28日~2022年1月5日

 

■年末年始休業期間の営業について

本年度の営業は2021年12月27日までとさせていただきます。
年始の営業は2022年1月6日より通常営業いたします。

 

※休業期間中もインターネット、メールでのご注文を受け付けております。
※休業期間中のご注文は2022年1月11日以降、順次対応させて頂きます。

 

本年も沢山のご注文を頂き誠にありがとうございます。

皆様良いお年をお迎えください。

 

ココハロ 店長

 

台風にもコロナにも注意!

弊社ではコロナワクチン2回接種完了致しました!

一安心・・・してしまいそうですが・・・

今後も行政の指針や感染状況の動向に注視し、可能な限りの予防策を講じてまいります。

 

これからの台風シーズンに備え、防災グッツもお早めにそろえて頂きたく

思っております。

どんな物をそろえておけばいいの?など、ご質問などございましたら、

お気軽にお問い合わせくださいませ。

これからの台風シーズンやアウトドアに備えよう!

アウトドアの水分補給用に! 災害時の備えとしても役に立つ水タンク!

しかも水タンクに『折りたたみ式コップ』が1個付いた

今、大人気の
水タンク+コップセット

水タンクは
コック付きなので注ぐのも簡単!
2-tanku-koppu10

折りたためるので、持ち運びや収納にも困りません。
1-tanku-koppu6

折りたたみ式コップが1個付いているので
緊急の時にもすぐにお水を飲むことができます。
1-tanku-koppu2

災害時の備えにも最適な
『水タンク+コップセット』
使用する人数によって選べる2サイズ!

1-tanku10

商品はこちら  →  水タンク10L+コップセット

2-tanku20

商品はこちら  →  水タンク20L+コップセット

置き場所に困らない”折りたためる”水タンク!
家に1つ、車に1つ、職場に1つ、部室に1つ・・・
是非この機会に購入してみては!

新アイテム!救急手ぬぐい 救急について役立つヒントをプリントした手ぬぐい。用途が広がる通常より長いサイズ。

救急について役立つヒントをプリントした手ぬぐい。用途が広がる通常より長いサイズ。

商品はこちら  →  救急手ぬぐい

救急2019折

救急2019開

新アイテム!防災手ぬぐい 防災について役立つヒントをプリントした手ぬぐい。用途が広がる通常より長いサイズ。

防災について役立つヒントをプリントした手ぬぐい。用途が広がる通常より長いサイズ。

商品はこちら  →  防災手ぬぐい

6815_防災てぬぐいsub

6815_防災てぬぐいmain

新アイテム!静音ポンチョ(カサカサ音なく静かです) オレンジが目立つ静音タイプのポンチョ 避難先でも安心・大活躍!

避難先では着用時にカサカサ音が少ない静音タイプのアルミポンチョ!

災害時の避難所等でも周りに気兼ねなく使うことができます!

専用の収納ポーチが付いているので持ち運びラクラク!

いつ起こるかわからない震災や災害に備えよう!

商品はこちら  →  オレンジが目立つ静音タイプのポンチョ

ST-53

ST-53-3

ST-53-2